オンライン英会話を紹介します

636090f42c0f3adb925d388510c42e06_s.jpg

昨今では、英語を話すことが必要な場面がとても多くなりました。
義務教育にも英語が取り入れられているという事からも、英語が出来る事は必須だと言えます。
しかし、英語は中々難しいですからそう簡単には習得することは出来ません。
私も学生時代は英語が凄く苦手でした。構文を勉強しても分かりませんでしたし、問題を解くことも出来ませんでした。
会話する事なんて夢のまた夢でした。でも英語に対する憧れは人一倍大きかったと思います。

英語が出来たら楽しいだろうなあとずっと考えていました。

英会話を習得するならばやはり英会話スクールに通う事が一番の近道です。
普通に暮らしているだけでは英語で会話をする機会は殆ど無いでしょう。
しかし、英会話スクールに通おうとしても時間の都合が合わない人も多いのではないでしょうか。
時間が無い人は英会話を習得することは出来ないのでしょうか。

そのようなときはインターネットを活用しましょう。
オンライン英会話と言うものがあります。これならば自分の都合の良い時間に英会話をすることが出来ます。

コミュニケーション主体で身に付ける英語は日常生活でも使える英語ですね。
やはり英語は言葉ですから実際に使用してみてその真価を発揮するのではないでしょうか。

 

英語嫌いの中学生

中学生になった娘が英語嫌いで困っています。
確か小学校のときの英語の授業は楽しく受けていたはずなんですけどね。私に小学校で習った英語の歌を教えてくれたりしたのですが。
中学生は微妙な年齢で困りますね。
頭ごなしに勉強をしなさいと言っても、余計反発しますし。
ともかく自室の机に座りなさいと命じても、私の目を盗んでこっそりマンガを読んでいたりすると、もう大変です。
情けないですが勉強するしないで娘と大げんかになります。
こういうケンカをしている時間を勉強にあてられたらいいのにと後で反省することしきりです。
親子ともどもバカだなあと思いますが、指導しきれない私がバカなんでしょうね。
とはいえ、英語以外の教科はわりとすんなり勉強していたりするのです。
話を聞いてみると英語の先生がどうも生徒たちから嫌われているみたいです。
生徒たちがその先生をバカにしているふしがあるので、学級崩壊とまではいかなくとも、先生の授業中に生徒同士の私語も多くなっているようで、そんなことでは英語の授業があたまに入るわけないですよね。
気になってはいるのですが、やいやい学校に言うわけにもいかないし。
娘にはできるだけ英語の授業を聞くように言っています。

今どきの電子辞書、英語のコンテンツが充実

高校生以上の方やそのご家族、また私学の中学に通われておられる方などは、電子辞書ってあたりまえにもたれているそうですね。
今やなんという時代になったものでしょうか、と感心しきりです。
私たちが学生のころは、重い辞書を何冊もバッグにつめて通学したものでしたが、かの有名なゲーム会社の、かの有名な携帯ゲームとほとんど同じ大きさで、160くらいの辞書やコンテンツがつまっているんですよ。ほんとうにおどろきました。
しかも小学校モデルから作っているが、さすがだなーと思いました。
今どきの子供は機械慣れしていますし、電子機器大好きですものね。
うちの子供も興味思いっきりもちましたよ。
その電子辞書にはあの有名な「リトルチャロ」の英語コンテンツが入っていてアニメが見れるんです。
かなり気に入って見入っております。続きがとっても気になるらしく、下校するやいなや見入っています。
ネイティブの英語の発音が耳に自然と耳に入ってくるので、親としてもこんなに楽しんで英語に慣れて
本当に購入してよかったなと思いました。
カタカナで入力すると、綴りが出てくる辞書なんかもはいっていて、子供は大変よろこんでおります。
ほんと、すごいですよねー。

英語テキストだけでもしっかりと独学英語

英語を勉強したいと思っても、独学では無理だと思ってはいませんか?私もその一人でした。
けれども、自分一人でも十分英語を学べるんですよ。
私は元々英語が好きで、自分の英語力を上げたいなと思っていた時に外国人の友人が私に一冊のテキストをくれたのです。

メイン17-8.jpg
それはイギリスで出版されているものでイギリスに住む外国人が英語を自分で勉強する為のテキストでした。
日本語の英語学習用のテキストとは違い全て英語で書かれているのですが、中学英語が出来ればわかる単語が多く書かれているので比較的簡単に読む事が出来ましたし、イラストなども豊富だったのでとても理解しやすかったです。
私が、このテキストに出会ってよかったなと思うのは、簡単な英語でも自分が読んで理解できるという自信を付ける事が出来たからです。もちろん、わからない単語などは自分で意味を調べたりして読むだけで英語学習が出来た事も大きいですね。
英語を勉強する時に続かない原因は、勉強をしていてもつまらないと思ってしまう部分にあると思うのですが、英語で書かれたテキストで英語を勉強すると日本語のテキストよりもやる気が起こりやすいし、英語を理解出来ているという気持ちになってモチベーションも上がるのでおすすめです。

バーチャルでしっかり覚えていこう!

何年英語を学んでもなかなか身に付かない。あ〜ぁと思いながらも、英語を学ぶのに大切なのはやっぱり繰り返すことだと、何度となく一人ぶつぶつ繰り返す。試験前に念仏のように繰り返すと確かにそのときは覚えますよね。
ただ私の経験から言うとすぐ忘れます。もっと強いインパクトが欲しい。
そこで試して欲しい勉強方が、リストにそって前後の脈略なく繰り返すよりは、たとえばある場面の中でその語彙を使って会話をする方法。
でも実生活でそういうチャンスは少ないので、バーチャル体験するといいです。
方法としては、口で文を作る事と、書いて文を作る事の二つの方法がよいと思います。
英会話参考書の表現のからひとつずつ使って、自分で文を作っていくのです。まず口で作って見ます。できないときは、そのページに書いてある文を参考にします。次に手で作文してみます。作れない時は文を写してもいいのですが、そのときはやはり一度見て目をそらし、口で言いながら写す。すると口も目も手も耳も動くので脳がフル活動して元気に動いてくれます。
口でも手でも自分で作るのですから、ああでもないこうでもないと悩みます。簡単な文章もなかなか作れませんが、千里の道も一歩から!やる気が出たら、たとえば二つの単語やフレーズを使って作文をするのも上級者になる近道かもです。